その後の生活

東京での里帰り生活を終えて神戸に戻って早2ヶ月。
ベビーも生後3ヶ月!生後100日のお食い初めの儀も執り行ない毎日健やかに成長中です。もう7月が終わるなんて信じられない!

専業主婦として毎日忙しく過ごしています。
普通に会社勤めしてるより専業主婦のがずっとずっと忙しい!

会社では、自分の仕事とその納期がざっくり決まっているので納期までの時間をうまくやりくりして忙しくてヤバイ!って状況にならないように調整してました。私は作業が早い方なので予定よりずっと早く作業が終わることがほとんどで、空き時間(周りにはまだ作業してるテイにして)は個人のこと(調査と銘打って新しいショップサイトでリアルショッピング等)をしていました。

専業主婦の仕事は「今!この瞬間に!」やらないといけないことが多いので、いつもやることがいっぱい。
ベビーが起きていてもやらないといけないこと、寝ている間に済ませておけばいいこと、何よりもベビー最優先しないといけない瞬間など、1日があっという間!
まあ、こうやってパソコンを開いて色々調べ物などできる時間も確保できてるんで、時間のやりくりは専業主婦になってもうまくできてる方だと思うけど。

今の生活で気をつけていることは、何よりも自分の健康管理です。
私が具合悪くなったらベビーの食料の質悪化、最悪供給が滞るから。平日のランチは1人なのでおかしなメニューになりがちだったけど、今はキチンとご飯メインで食べています。パンよりご飯がいい気がする。パンが好きだけど。1人でパン食べだすと食べすぎちゃうので。私の過食へのトリガーは小麦だと思う。
あと、水分をしっかり摂ること。熱中症より前に乳腺炎の予防です。おっぱい詰まるとマジで痛い。一日中ブルーな気持ち(死語)。

マリエン薬局の乳腺ブレンドは効いているのかよくわかんないけどとりあえず美味しいので毎日たっぷり飲んでいます。
お盆の実家帰省にも持って行くつもり。

[Maternity]神戸での生活 ver.

東京実家での里帰りも終わり、ファイナリー神戸で親子3人暮らしがスタート。

神戸に戻る際には空港までは父が車で送ってくれて、母と妹が付き添ってくれたので移動全行程とってもスムーズでした。
飛行機で重力の耳抜きができないベビーのために離陸タイミングに授乳をするはずが、早くに授乳スタートしすぎて肝心の離陸時にベビーお腹いっぱいで乳飲まず!笑 というのがプチアクシデント。(最終的に半分強制的に飲ませてギリセーフ!)

神戸での暮らしは、旦那さんが想像以上にベビーにメロメロで、毎日毎時毎分毎秒かわいいかわいいと溺愛中。
溺愛すぎてぐっすり眠ってるベビーにちょっかい出して起こしちゃったりしてますw

家事も積極的に分担してくれるし、寝入り時泣き叫ぶベビーも抱っこしてあやしてくれます。
お風呂は完全に旦那さんのタスクになりました。

子供のいる先輩ママ友人には子供が生まれたら自分の時間が一切なくなる。妊娠中に思う存分ゆったりしたり好きなことやっておくべし!!!とみんなに言われてたけど、予想以上にゆったりする時間あるし、家のことも自分のこともできてる気がする。
こうやって妊娠生活を振り返るブログも書けてるし。掃除・洗濯・食事の準備も滞りなくできてるし。
朝も固形石鹸を泡立てて洗顔できるし、お風呂も以前ほどじゃないけどゆったり入らせてもらってる。
まあ、確かに気軽に買い物などで外出はできなくなったけど、もともとオンラインショッピング派だから大丈夫。

あと、偶然にも同時期に出産した友人がたくさんいてその子らと近況報告ができてるのがとってもラッキー!
3月生まれの学年的に1つパイセンになるベビーの母親友人には各種手当や予防接種のことを聞いたりして参考になる。

いろいろな面でとっても恵まれた育児生活だなー。
そしてベビーは本当に毎日かわいい。
毎日顔がかわって、できることが増えてる。
iPhoneのカメラロールで生まれたてからの写真見返すとたった1ヶ月半でこんなに人っぽく成長するのか!と驚愕する。
ベビーの時期ってほんと貴重なんだな。
どんなに泣いてて「いい加減寝てくれ」という状況でも今しかないこの時期を大切にしないと!

IMG_1160

そして、私自身は体重は妊娠前に戻ったけど腰周りに残ったタルタルなお肉をどうにかしないと!笑

[Maternity]ベビーと一緒に里帰り生活 ver.

母子共に経過良好で予定より1日早く退院し、ベビー付で東京の実家での暮らしを再開。

陣痛・出産・入院生活のことはそこそこ覚えているんだけど、ベビーと一緒に実家に戻って暮らした最初の方の記憶がおぼろげ。
産後の疲れ、しっかり眠れない疲れ、慣れないベビーの取り扱いの疲れなどなどで今思えば満身創痍というか、バタバタしすぎててよくわからない状態だったのかも。

とにかくカラダが思った以上に疲弊している!
年齢のせいもあると思うけど、リアルに産後1ヶ月経過までは少し活動するだけでグッタリ疲れるし、昼寝必須だし、縫合してもらったお股は痛いし、そのくせ食欲はやたら旺盛だし・・・と里帰りさせてもらって本当によかった!
ベビーが泣いてる時には両親が抱っこしてくれるし、寝かしつけてくれたし、お風呂も一緒に入れてくれました。
私が抱っこしても泣き止まないし寝ないのに、母(ベビーにとってはおばあちゃん)が抱っこするとスヤスヤ寝始めたり。。。
うんち漏れで汚れた服やタオルとかの洗濯も母が瞬時に洗ってくれました。ありがたやー

IMG_0650

1ヶ月半ほどのベビーとの里帰り期間の中、ひいおばあちゃんに曽孫を会わせることもできたし、安産祈願してもらっていた水天宮にもお札・お守りを返納しに行けたし、ベビーはどんどん重くなって抱っこがしんどくなる一方毎秒かわいく成長したし〜でとっても充実した産後里帰り生活でした。

実家の両親には本当にお世話になりました。
この歳になってこんなにお世話になっちゃうとは思わなかったなー。
遅くなってしまったけどベビー誕生により両親をおじいちゃん・おばあちゃん、妹をおばさんにできたのは良かったな!

IMG_1043

東京での暮らしを私もベビーも忘れません!

[Maternity]いよいよ陣痛!か〜ら〜の出産 ver.

早く産みたい!という熱意がベビーに伝わったのか、結果的に予定日の4日前におしるし〜陣痛が始まり出産に至りました。

陣痛はトータル19時間。
そのうちラスト3時間くらいが陣痛促進剤投与でびっくりするくらい痛かったー。
スーパーサイヤ人に変身しちゃうのか?ってくらい叫びました。笑

19時間中の16時間くらいは付き添ってくれた母親とその時々で私を担当してくれた助産師さんに心から感謝。
定期的にくる痛み(腰痛のすごいやつ)で年甲斐もなくイタイイタイと大騒ぎする私の腰をさすって落ち着かせてくれました。
1人で陣痛を乗り越えるつもりだったけど全然ムリでした。
助産師さんにはトータル4〜5人お世話になったけど誰1人名前を覚えていません。。。
でも、全員すごく親身になってくれて頼り甲斐があって優しくて退院時に一人一人にお礼言って回りたいくらいでした。
特に、一緒に院内を散歩(陣痛を進めるための運動)してくれたり、入浴の手配をしてくれた(カラダを温めるため)助産師さんにはお世話になったなー。おそらく20代の若いお姉さんだったけど感じがよくて話もおもしろくていい人でした。

陣痛促進剤を投与してからは神戸から駆けつけてくれた旦那さんのフォローに助けられました。
当初の予定では旦那さんが到着する頃には産み終えてベビーとにっこり迎えるはずが、まさかの陣痛最大の山場での合流。
旦那さんと母には流れで出産自体も立ち会ってもらうことに。。。結果ありがたかった。

そんなこんなで長かった19時間を乗り越えてファイナリー出産!
元気な男の子。妊婦健診時に伝えられてた胎児体重より若干小さい3,400g台。よかったー。

生まれた瞬間は感動より「イタイの終わったー!!!」の喜びが一番でした。(旦那さんも同じ感情)
産んでしまえばケロッとしたもので、ベビーを囲んで両親、旦那さんとワイワイ談笑しつつお股の後処理をしてもらってました。
出産後すぐ食事もしたし、立ってトイレにも行きました。(普通みなさん立てなくて車椅子で移動するらしい)
そのまま母子共に入院し、出産当日から母乳育児のため授乳室に行き看護師さんに授乳how toを教わりながらの授乳生活スタート。

今まで生きてきた中で一番壮絶な19時間の陣痛、妊娠初期のつわりMAXの時も含め、妊娠出産ってほんと一大事だなと深く感じました。世の中の子供2人以上いるお母さんはこんなツライことを2回も乗り越えたのか。1人で十分って思わないのかな。。。って出産直後は思ってました、が、今、子供と一緒に暮らしていてその理由がもうわかりました!
子供が超絶かわいいからです。
私の場合、今子供が生後1ヶ月半ですが、すでにつわりのつらさ&陣痛出産の痛みをpayできるくらい可愛い!!!
こんな可愛いのが生まれてくるならマタニティ生活の厄介なあれこれは仕方ない!って思えるのです。
すごいよね〜。

これからも毎日かわいくて、いろいろできるように成長して、笑ってくれたり、しゃべってくれたりするようになったらマタニティ生活の苦労はpayどころか大量におつりがくる状態になるんだと思います。
そして私も「また赤ちゃん欲しい。。。」って思うようになるんだとw
そういう風にできてるんだな。母性恐るべし!

IMG_0533

元気に生まれてきてくれてよかった!
親になって思うことは子供が元気で楽しく暮らしてるのが何よりも一番だ!!!ということ。

あー私ったらすっかり親だね!笑
母性レベルに不安があったけど全然問題なかったようです。よかったー!

[Maternity]里帰り生活ver.

3月上旬からつい最近まで出産のため東京の実家に里帰ってました。

IMG_0291

久しぶりの東京生活。
お腹はボーリング玉をくっ付けたみたいにドーンと大きかったけど体調は良く、動いている方がカラダもラクだったのでここぞとばかりに友達に会いまくりました。
のべ16人くらい会ったかな〜。
東京を離れて3年経つけど、連絡したら調整してくれて会ってくれる友達に感謝!
偶然グッドタイミングでアメリカから帰国していた友達にも会えて大満足。

みなさんからお祝い色々いただきました^^

友達と会い終わりいよいよいつ生まれてもいいだろう。という臨戦態勢の4月はひたすら家で過ごしました。
家事全般、食事の管理も全て両親がやってくれて本当にありがたかったです。
「ゆったり暮らすのが今の私の仕事」だったんだけど、ゆったりって意外と難しいんだなーと実感。
毎日堤防を1時間散歩は良い気分転換になってた。

食事は一瞬妊婦糖尿を怪しまれてから食べ方にカナリ神経質になってしまい、炭水化物だけパパっと食べる(パンだけの食事)とかはダメ!絶対!でした。
食事のスタートはサラダから。血糖値を穏やかにあげるのです。そうしないとお腹の子に影響が出るかもしれないのです。
という自己暗示で里帰り中に実家の冷蔵庫野菜室には常にレタスが盛りだくさんでした。ありがたやー。

毎日、今日生まれてもいいよ!と思いながら過ごすも何も兆候のないまま4月上旬がゆっくり過ぎて行きました。
お!陣痛か?と思ったら下痢だったり。笑
夜は胎動が激しすぎて全然眠れなかった。
とはいえ、予定日までまだ期間があるので焦ることはなかったんだけど。
ベビーが大きいとさんざん産婦人科で脅されていたので、予定日前なる早で産みたい気持ちマックスでした。

陣痛ジンクスのオロナミンCも特に美味しいだけで効果なし!笑
IMG_0480

▼妊娠(臨月入ってから)中の変化アレコレ備忘録

  • 抜け毛が増えた。お風呂で洗髪中すごく抜ける。毛量多すぎだからむしろ抜け毛歓迎!(産後の今も続いてます)
  • 手足のムダ毛が生えなくなった&薄くなった。普段は多少あります。
  • 逆に永久脱毛してる脇のムダ毛が復活!(ちょっとだけど)不思議!!!
  • シミそばかすが増えた(気がする)
  • 鼻血がやたら出る(妊娠中は粘膜が敏感なんだって。妊娠初期は歯茎からもよく出血してた)
  • 夜眠れない(産後の授乳細切れ睡眠への予行練習って話だけど、ほんとかねー)
  • 寝返りがうてない、うつ伏せで眠れない(臨月にはじまったことじゃないけど、地味にストレスだった)
  • 椅子に座っているのもツライ。お相撲さんの股割りみたいに床にベターっと座ってるのが唯一ラクな座り方だった。
  • 低気圧に体調が影響された 天気悪い日の前日が調子イマイチ。つわり中の時は顕著に体調不良だった。

次回ブログでは陣痛〜分娩ver.を記録予定。